バイアグラ通信

2012.12.28更新

年の瀬も迫ってまいりました。
新年は4日からです。

皆様よいお年をお迎えください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2012.12.28更新

シアリスは、バイアグラと並ぶ人気を持つED治療薬です。
アメリカのLillyICOS社によって2003年に発売され、日本では2007年に厚生労働省により認可され製造・販売されています。

バイアグラやレビトラより後発のシアリスは、後に開発された分、更に使い勝手が良いと言われています。
その特徴のひとつに、効果期待期間の長さがあります。
バイアグラなどの持続効果が3時間から5時間なのに比べて、シアリスは約36時間という驚異的な持続力を誇ります。

つまり、金曜日の夜に飲めば日曜日の朝まで薬剤の効果が期待できることになり、当院ではこれをシアリスの「ハッピーウィークエンド」服用と称し、これまで多くの皆さまにシアリスの効果的な服用でハッピーなウィークエンドを過ごしていただくお手伝いをさせていただいております。
シアリスのもうひとつの特徴が、バイアグラなどと比べ食後の服用でも効果が薄れないという点にあります。

バイアグラやレビトラは、胃の内容物と混ざってしまい、服用した医薬品の効果が薄れてしまうと言われていますが、シアリスは服用のタイミングを気遣うことがないので煩わしいことがありません。
こうした利点がある分、シアリスは他の薬と比べて少々お値段が高めになっていますが、いわゆる「飲み損ね」は少なく、飲んでおけばよいという良さがあります。

年末年始の休暇を利用してパートナーと旅行に行かれるという方は、シアリスの効果的な服用によって、旅行がよりいっそう充実したものになると思います。
シアリスに興味をもたれた方は、是非処方実績多数の信頼あるそねクリニックにご相談ください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2012.12.27更新

このところ忙しくてパートナーとしばらくお預けだったという方も、年末年始のお休みの期間は仲良く過ごし新しい一年を頑張っていこうと考えてらっしゃるかもしれませんね。
また、EDでお悩みの方のなかには、時間に融通の効く休暇中にED治療薬として一般に広く知られたバイアグラを試してみようと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、バイアグラを服用される場合はその飲み方に注意が必要です。
正しく服用しなげれば、効果が薄れてしまい、EDを克服しようとのせっかくの決心も台無しとなってしまうこともあります。

まず、バイアグラは性行為の約1時間前に服用すると最適な効果を発揮することができます。
服用後、2時間から4時間は効果が持続します。
薬の服用は1日1錠を厳守してください。

服用のタイミングですが、一般的に食事の前、空腹時に服用すると即効性があり効果が出るまでの時間が短縮すると言われています。
食事の後ですと胃の内容物とバイアグラが混ざってしまい、吸収率が下がり、効果が現れるまで時間がかかったり、効果自体も薄れる可能性が指摘されています。
年末年始は、時間自体はたっぷりありますが、久しぶりに会った旧友や親戚と長時間食べたり飲んだりを続けて常におなかいっぱい、アルコール漬けという状態になりやすいので、バイアグラの服用をお考えの方は、薬の効果が薄れる可能性のある暴飲暴食は控えようにしてください。

また、バイアグラを服用したあとに他の薬を服用することは絶対にしないでください。薬の種類によっては命の危険がある重篤な副作用を起こす可能性があるため、大変危険です。
医師と相談のうえ問題がなければ良いのですが、年末年始で病院もお休みなので、十分な相談ができないかと思います。
自己判断で薬を併用してしまわないよう、十分お気をつけください。


これらの注意点を守った上で、ご自身の気持ちが高まった最良の時にバイアグラを服用してください。
きっと素敵な新年になることと思います。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2012.12.26更新

EDになる原因には、身体的要因によるものもありますが、心理的要因によるものも、特に若い世代を中心に増えています。
心理的要因には、どういったものがあるのでしょうか。

大別すると、3つのパターンがあるようです。1つ目は、ストレスによるものです。
仕事面でのストレス、同僚や家族・友人などとの人間関係によるストレス、昨今の不景気のなかで、金銭的な悩みや仕事への不安、将来に対する不安から感じるストレスなどがEDの原因となるのです。

夫婦間で、妻から「今日は排卵日」、「今日でなければダメ」などと子作りへのプレッシャーをかけられ、それがストレスとなりEDにつながることもあります。
2つ目はコンプレックスによるものが考えられます。

性交中にパートナーから傷付くことを言われたことでコンプレックスを感じたり、自分の性交に不安感がつきまとい自信がなくコンプレックスを感じることでEDになるケースもあります。
三つ目はトラウマによるものです。たまたま性交がうまくいかなかった過去の体験がトラウマとなったり、幼児期の衝撃的な体験、嫌な記憶などが原因でEDになることがあります。

この場合、自分ではその原因に気づかない場合もあります。
このような心理的要因によって、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらず、EDが起こりやすくなってしまうのです。

心理的要因によるEDであれば、身体的には問題ないので、薬の力を借りることによって自信をつけていけば、その自信がトラウマを克服することにつながり、ストレスやコンプレックスを払拭する作用をもたらし、EDをなおすことができます。
EDで悩み、日々の生活のなかでストレスを感じながら、自分はだめなんだと思い続けると、EDはさらに悪化し根が深くなってしまいます。

そうなる前に、是非当院までお越しください。
プライバシー厳守の当院が、安心の薬を処方し、皆さまを苦悩から救います。
明日への自信を手に入れたいあなたを、そねクリニックはサポートいたします。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2012.12.21更新

EDというと、男性として全否定されたような気になったり、恥ずかしい、誰にも知られたくないという気持ちが先行してしまい、どうにか人に知られずED治療薬を入手したいと思う方が多くいらっしゃるようです。
そのため、インターネットを通じてこっそりED治療をはじめようと、ネットで流通しているED治療薬を求めるというケースが多々あるようですが、要注意です。

インターネット上に多数存在する個人輸入代理店のようなショップのなかには、薬を扱ってないにも関わらず薬代として振り込んだ代金を騙し取るED治療薬販売店を装った卑怯な詐欺集団も紛れ込んでいます。
また、正規品だと偽り、素人目には本物か偽物か判断できないほどパッケージや薬の形状や色が正規品そっくりの偽物を送ってくる悪徳業者も存在しています。

ネット上で流通している55、4%が偽物という衝撃的なデータもあります。
EDに悩む方の切実な思いにつけこみ踏みにじる、断じて許してはならない行為ですが、そのような悪徳業者に騙されないためにも、EDでお悩みの方は是非当院へお越しください。

当院で扱っているED治療薬はもちろんすべて製薬会社で扱っている正規品のみです。
プライバシー厳守、新宿駅から徒歩3分という抜群のアクセスを誇る当院に、是非相談してください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2012.12.20更新

寒い日が続いていますね。
この時期は忘・新年会、年末年始と、会社の同僚や友人と一年を振り返り飲み交わしたり、久しぶりに会った親戚と挨拶も兼ねて乾杯したりと、暴飲暴食する機会が増える時期です。

EDは、陰茎の動脈硬化を原因のひとつとする血管障害の一種で、生活習慣病の仲間といえます。
生活習慣病は、慢性的な喫煙、過度の飲酒、乱れた食生活、運動不足、肥満、ストレスなどを原因とし、高血圧症、糖尿病、高コレステロール血症などを引き起こします。
その結果、心臓病、脳卒中といった死に至る病につながる場合もあります。

「生活習慣」病という名の通り、日頃の乱れた生活習慣のツケが、10年から20年かけて徐々に蓄積し、少しずつ病状が悪化していくので、年末年始の暴飲暴食が即生活習慣病やEDにつながるというわけではありません。
生活習慣病にならないためには、日頃から食生活と生活習慣に気を配ることが大切です。すなわち、生活習慣病全般に効果のあるバランスのとれた食生活と適度な運動、この二つを心がけていれば、ED予防にも効果があるということになります。

EDではないかと疑っている方、EDは生活習慣病の徴候でもあるのです。
新しい年を前に、これまでのご自身の生活習慣について振り返り、生活習慣全般の改善をはかってみませんか。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

  • そねクリニック丸の内
  • そねクリニック新宿
  • 今日の一言