バイアグラ通信

2014.03.31更新

EDになられるかたで多いのが、
生活が不規則なかたや、ストレスを
多く溜めこんでいるかたです。
また、初めての性行為がうまくいかなかったかたも
EDになる比率は高いというデータもあります。
年齢の関係もありますが、ご自身が気になり、
危ないと思った時は、もう治療をする段階ですので、
ぜひ、新宿の当院へご相談ください。

治療には主に投薬治療で治療していきます。
他の病気で投薬されているかたは、
薬が処方されないケースもありますので、
気をつけてください。
また、「バイアグラ」を使っているかたは
根本からの治療をおすすめします。
「バイアグラ」は一時的ものですので、
解決にはならないのです。

症状の中には、まったく勃起しないというだけでは
ないケースがあります。そこで、ご自身の状態を
簡単にチェックする方法があります。
たとえば、自覚症状がないのに、急に年をとったように
感じる、感度が悪くなった、などは症状が進行にしている
可能性があるので、新宿でも専門治療をしている
当院にお任せいただければ、症状を大幅に
改善することができます。

EDは自覚症状がないまま、進行してしまう可能性があり、
心理的な負担によっても、治療の方法が異なることも
ございますので、カウンセリングの経験豊かな当院の
医師にぜひ、お任せ下さい。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.03.27更新

EDになられたかたは、できれば、パートナーと
一緒に受診することをおすすめします。
本人だけで受診すると、偏った考えを伝えてしまい、
医師に正しい情報を伝えられないケースがあります。
健康状態や性生活のことなど、医師にスムーズに話せる
環境を整えていきましょう。
新宿の当院では、きちんとカウンセリングし、
経験豊富な医師も多く、じっくり治療していきますので、
ご安心ください。

ED治療は基本的に投薬治療になります。
投薬治療が他の病気の薬に影響がないか
きちんと確認するようにしましょう。
また料金は保険が適用されないので、
治療薬の料金や診察料も合わせて確認するのが
望ましいです。

性行為をする時に「バイアグラ」を使っているかたも多いですが、
他の病気の関係で、使えない場合もあるので、
注意が必要です。また、バイアグラの成分で誤解されているのが、
精力剤などとは性質が異なり、あくまで血流の流れをよくするための薬です。
改めて認識してください。

EDは多くのかたがなっている病気ですので、
まずは、恥ずかしがっているかたは、お気軽に来院してください。
その際、どんなお悩みを抱えているかなどもお聞かせください。
ささいなことでも、ぜひ、新宿の当院でご相談ください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.03.20更新

年齢を重なるにつれ、EDの悩みは大きくなってきます。
早いかたでしたら、30代後半~40代前半で
男性機能が弱くなってきます。放っておいてしまったら
どんどん悪化していきます。ご自身で危ないと思ったらすぐに
治療するようにするのがおすすめです。新宿の治療院の当院では、
このような年代のお客様を多数治療してきた実績があります。
お気軽にいらしてください。

EDになるかたの多くが、「ストレス」が原因です。
お仕事でのお悩みや、人間関係の問題もあります。
その結果、自分に自信がなくなっていき、
性行為自体をすることに怯えてしまうようになるかた
が非常に多いです。恋人や夫婦間の中も悪くなってしまう
ケースも多々あります。精神的な問題を解決するのも大事な治療です。
新宿にある当院では、精神的な問題を解決するための医師もいます。
お気軽にお悩みをおっしゃってください。

今現在では、「バイアグラ」などの治療薬もあるのですが、
根本からの治療には結びついてはいません。中には、「血管」や
「神経」に障害があるかたもいらっしゃいます。
新宿の治療院の当院ではさまざまな改善方法があります。
今までEDでお悩みだったかたは、ぜひ、ご来院していただけたら、
改善できるように努めさせていただきます。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.03.13更新

EDになる原因はさまざまです。
ストレス、加齢、などがあり、生活習慣とは、
切っても切り離せない関係なのです。
性格も大きな原因の一つです。
性交時に一回失敗したことを引きずってしまい、
精神的に負荷を抱えたままにしてしまうと起こりやすいです。
また、初めての性交が遅いかたも
EDになりやすいというデータもあります。
日々の生活の中に原因がありますので、気になるかたは、
新宿のクリニックでEDの治療についてご相談ください。

ED治療の診察の流れなのですが、問診票に質問事項がありますので、
そちらに記入してもらいます。問診票には、これからのED治療の方針を
決める大事なものですので、正確に書くようにしてください。
ほとんどの場合、ED治療薬を処方しますが、使えない場合は、
カウンセリングからおこなっていき、陰茎に問題がある場合は
手術となる場合もあります。

男性にとって、EDになるのは辛いことです。
夫婦間で性交ができないが為に、
夫婦仲が険悪になってしまうこともあります。
改善方法や予防法も多々ありますので、
諦めないで治療するのがおすすめです。
今現在、ED治療をおこなっているかたも、いないかたも、
気になることは、新宿のクリニックでご相談してください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.03.06更新

ED治療をする上で、自分がどういう状況か判断することになります。
たとえば、「勃起してそれを維持する自信はどの程度ありますか。」や
「性的刺激によって勃起した時、
どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか。」と聞かれて、
どのようにお返事をするでしょうか。
セルフチェックをしてみて、
EDの症状があるかどうかチェックするのをおすすめします。

ED治療には原因を聞き、勃起能力がどのぐらいあるのか
質問していくことから初めていきます。
ほとんどが飲み薬を使用し、お薬が安全に服用出来るか確認し、
必要に応じて、「血圧」「脈拍」「血液検査」「尿検査」「心電図測定」
などをおこなっていく流れになります。

ED治療には健康保険が適用されないので、
診察費や検査費はすべて自己負担になってしまいます。
症状や健康状態によっておこなう検査も異なり、
治療が違うので、治療は個人でおこないます。

ED治療で注意する点は、
処方された薬が服用出来るか医師に確認することです。
心臓の病気などで、「ニトログリセリン」などの薬を服用していた場合、
ED治療をおこなう上で、有害な副作用が起こる場合もあり得るので
注意してください。

年齢とともに勃起能力は落ちていきます。
早めの治療が解決への道になります。
治療のさいは、ぜひ、新宿の当院で
ED治療をおこなってください。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

  • そねクリニック丸の内
  • そねクリニック新宿
  • 今日の一言