バイアグラ通信

2014.07.31更新

DEは人に相談できない、どうしていいか分からない、
という状況のまま、症状が深刻になってしまうことがあります。

年齢的な要因や心理的な要因で誰しも、
病気を併発してしまうリスクがありますが、見過ごされやすい病気の一つです。
また、治療を受けるまでに迷ってしまうため、
結果的に治療までに時間がかかってしまうことがあります。

新宿でも治療実績がある当院であれば、
患者さまの病状を的確に把握し、最新の治療を実施することが可能です。
EDに効果がある治療薬の処方はもちろんのこと、
患者さまの症状に応じたカウンセリング、
確実な検査なども実施することが可能ですので、ぜひご相談ください。

病状について放置してしまうと、症状が固定してしまい、
なかなか完治するのに時間がかかってしまうことがあります。

また、治療が遅れてしまうと、患者さまの心理的な負担も大きく、
そのまま治療を諦めてしまい、断念してしまうことがあります。

現在、EDはほとんどの方で治療可能な病気となっておりますので、
ぜひ早めに治療を受けることをお勧めしております。
どのようなこともプライバシー厳守で対応をしておりますので、
ぜひ早めに新宿の当院で医師に相談されることをお勧めいたします。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.07.25更新

EDの症状は中年になると、年齢のため、
疲れが顕著であるため、などと理由を自分で見つけて、
治療をしないでそのまま放置してしまう可能性があります。

このような状況は決して望ましいことではないので、
出来る限り早めに的確に治療を受けるようにすることをお勧めします。
EDの治療に関しては、早期に対処することによって、
症状を大幅に改善することも出来ますし、
原因をはっきりと特定することができます。

一般的にEDの原因の約9割は心理的な要因であることが多く、
ご自身で気付いていないだけで症状を見落としている可能性があります。
もし、ご自身で不安なことがあるなら、早めに新宿でも実績がある、
当院で治療をお任せいただければ、投薬やカウンセリングを通して、
確実に治療をさせていただきます。

EDは人に相談するのが恥ずかしい、話すこと自体に不安がある、
ということが珍しくありません。
そのような状況を出来る限り早く改善するようにしておけば、
余計な不安要素を解消することができます。
EDについて、何か疑問や不安があるときも、具体的な症状の期間や、
実際にどのような症状を見せているのか、ということを具体的に医師に、
相談できるように、準備をしておくことをお勧めします。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.07.18更新

EDになってしまうかたは年々増加傾向にあります。
主な原因は不規則な生活、ストレス、性行為での失敗などがあります。
また、加齢による男性機能の低下というのもあります。
早期治療をおこなうことで一時的ではなく、
男性機能は回復し、パートナーのかたときちんと性行為ができるようになります。

勃起をするメカニズムは、心理的、知覚的、物理的刺激により、
脳内の勃起中枢が刺激され、筋肉の力ではなく、
陰茎内の血液の圧力より、陰茎が硬くなり、勃起が起こります。
勃起は性交時に女性の膣内に陰茎を挿入し、
卵子と受精するためには欠かせないメカニズムであり、
お子様が欲しいというご家庭にとってEDは大きな問題です。

パートナーのかたとの間柄にも関係しており、
EDが理由で別れてしまった、離婚問題になったなどのケースは多々あります。
男性機能は年齢を重ねると機能が弱くなるという特徴があるので、
高齢なかたの治療は難しくなってしまいますが、
若いかたは十分に男性機能が回復する可能性があるので、
治療に前向きになってみてはいかがでしょうか。
ご自身一人の問題と捉えず、パートナーのかたも含めた問題と考えるのが適切であり、
パートナーのかたも一緒になってED改善に努めるのが望ましいです。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.07.11更新

EDになってしまう原因とは、
年齢や食生活、ストレスと認識しているかたは多いと思いますが、
「心筋梗塞」「高血圧」「動脈硬化」など高血圧の病気もEDの原因なのです。
中高年のかたで高血圧のかたは10人に1人以上のかたがEDになっているので、
十分気をつけてください。

落ち込みやすい性格のかたもEDになってしまう可能性が高いです。
お仕事やご家族のトラブルを全部自分で抱え込んでしまうのは危険であり、
上手く気分転換をおこなうことが大事です。
20代~30代のかたもEDになる可能性が十分にあります。
受験勉強やTVゲームの偏重による健全な制知識の欠如、
間違ったマスターベーションの方法が影響しているかたが多いです。
また、初めての性行為に失敗したかた、性行為の経験が遅かったかたも、
EDになりやすいというデータがあります。

EDの治療の際に使われる薬は性欲を高める精力剤ではありません。
目や耳から刺激が脳から勃起中枢に伝わりやすくする効果がある薬です。
バイアグラやレビトラを使用し、
パートナーのかたと性行為をしているかたは少なくありませんが、
男性機能の根本からの改善と異なり、
あくまで一時的な効果となっています。
根本からの改善を希望するかたは、
投薬治療、カウンセリング治療をおこない、
ある程度の治療期間が必要になります。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

2014.07.07更新

EDは本人も病気のことに気づかず、見過ごされてしまうことがある病気です。
そのまま症状を放置しておくと、精神的な負担が大きくなり、
治療を受けるまでに、かなり時間がかかってしまうことが予想されます。
自分でどのような原因で症状が悪化しているか分からず、
若年者ということもあり、周囲に相談することが、
はばかられてしまうことも珍しくありません。

心理的なプレッシャーが大きくなると、精神的な負担も大きくなり、
なかなか人に打ち明けられない、
などの症状が強くなってしまうことが予想されます。

EDの症状のほとんどは心理的な要因であり、そのまま放置しておくと、
さらに病状が悪化してしまうリスクがあります。
新宿でも治療実績が豊富な当院であれば、
そのようなリスクを回避して、
早い段階で確実に治療を受けさせることが可能です。

もし、若年者の方でEDの不安があり、
相談できないままでいるのでしたら、
ぜひ実績のある当院にお任せいただければ、
確実に患者さまの病状に合わせた治療が可能でございます。
心理的な負担を出来る限り軽減できるように、
専門の医師が確実な治療の方針をアドバイスさせていただきますので、
どのような不安も疑問も早めにご相談されることをお勧めいたします。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック

  • そねクリニック丸の内
  • そねクリニック新宿
  • 今日の一言